HOME
土地家屋調査士の業務
和歌山県土地家屋調査士の情報
会長挨拶
表示登記のQ&A
お問い合わせ
MAP
更新履歴
会報「わかやま」
境界標の実例
筆界特定制度について
境界問題相談センターわかやま
リンク
会員専用
土 地 家 屋 調 査 士 の 業 務
   
<不動産登記(表示に関する登記)手続きの流れ>
 
※表示登記の流れ
新築したとき、増築したとき



調査士の事務所を訪ねる



調査・測量



書類の作成・登記の申請



登記完了
   

<こんなとき!土地家屋調査士の出番です!>

     
●土地の払い下げを受けたとき
未登記の廃止をした道路や水路等の払い下げを申請をして自分のものになったとき、譲渡証明書を添付して、1か月以内に「表示登記」申請をします。
●分筆したいとき
相続・贈与・または売買等のために 一筆の土地を二筆以上に分けたいとき。
  ↓
「分筆登記」
●山林等を造成して宅地に
変更したとき
山林や畑等であった所に家を建て宅地を変更した場合、登記簿の地目を宅地に変更。
  ↓
「地目変更登記」
●登記簿の面積と実測の面積が
違うとき
登記簿に記載されている面積(公簿面積)と実際に測量してもらった面積(実績面積)が違っている場。
  ↓
「地積更正登記」
●法務局の地図と現地が
誤っているとき
法務局に備え付けてある地図や、公図に誤りがあるとき。

  ↓
「地図訂正」
●境界標がなくなって
不明になったとき
このことは、登記には直接関係がありませんが、境界標が亡失した場合、又ははじめからない場合は、図面に基づいて復元するか、人証、物証、書証等により調査し隣接者の立会いを求めて設置します。
●二筆以上の土地を一筆に
まとめるとき。
二筆以上の土地を一筆にまとめるとき。所有している土地地番がいくつもあるので一つの地番にまとめたいとき。
  ↓
「土地合筆登記」
●境界や面積を知りたいとき
土地を測量して面積を確定したいときや、自分の土地の面積を知りたいときに境界を調査・確認し、現地を測量して面積を調べます。
  ↓
「調査・測量」
●建物を新築・増築・建て替え
したとき
建物を新築、増築、建替え、建売住宅等を購入した等の場合。
  ↓
「建物表示登記」
「建物表示変更登記」


■■■お問い合わせは 和歌山県土地家屋調査士会 までお尋ねください。■■■


↑ ページの先頭へ  
 Copyright(c)2007 Wakayama Tochikaoku Chosasi Kai All Rights Reserved.